膜天井の専門メディア【膜天井ガイド】 » 光膜天井の基礎知識

光膜天井の基礎知識

耐震化を目的とした建築物の改修方法として、今注目を集めている膜天井。この膜天井の中には光膜天井と呼ばれるものがありますが、通常の膜天井とどういった点が異なるのでしょうか?くわしく情報をまとめてみました。

膜天井と光膜天井の違い

一般的な膜天井は、厚さ1㎜ほどと非常に薄いシートでできています。一般的な膜天井には光を透過する性能はほとんどないため、膜天井の隙間や表面に照明器具を取り付ける必要があります。

一方、光膜天井は透光性の高いシートを用いて施工するのが特徴。一般的な膜天井と違って光を透過するため、シートの上部に照明器具を取り付けても、空間を明るくすることができるのです。

この光膜天井を用いれば、天井全体を明るく光らせる大面積照明を実現することも可能。シートを通すため光がソフトになり、美術館・図書館・ショールームなどに適した、上品な光環境も演出できます。

ただし、光膜天井は耐震性能・断熱性に乏しいといったデメリットもあるため、設置する環境については考慮する必要があるでしょう。

光膜天井の種類

光膜天井 光の透過性に優れたシートを天井に張り、広範囲な面発光を実現するシステム。天井の全面を光らせることも可能です。
印刷膜 シートの表面にイメージやデザインをプリントし、個性的な空間演出を実現するものです。
円形光膜 天井面に大きな円形の光膜を張り、照明器具では難しい大型照明を実現します。照明器具と違ってジョイント等がないため、安全性も高めです。
吸音光膜 シートを2重にすることで吸音性を高めたもの。一般的に吸音性が低いとされている光膜天井ですが、吸音光膜であれば音が気になる場所への設置も可能です。

光膜天井の事例紹介

オフィス・商業施設・公共施設・ショールームなど、さまざまな場面で用いられている光膜天井。設置する環境や目的、イメージによってデザインも多種多様となっているため、ぜひ実際の事例をチェックしてみてください。

光膜天井の施工事例を見る

膜天井の施工を依頼できる
おすすめの2メーカー

膜天井には、広範囲な天井の施工に向いているものと、個人宅用のコンパクトなものの2種類があります。それぞれに特徴がありますので、導入を検討している施設に合わせて、適切な製品を選ぶことが大事です。

公共/商業施設の耐震化

学校、庁舎、体育館、展示場、
商業施設、屋内プール、倉庫、工場

株式会社マクライフ

株式会社マクライフ_TOP

引用元:マクライフ公式HP
(https://maklife.jp/)

こんな膜天井

  • ・特許技術により5日程で完了する短工期を実現
  • ・膜材強度も従来の膜天井の約2倍
  • ・一般天井の約40分の1の軽さ

マクライフの
膜天井を公式HPで見る

※Googleで「膜天井」と検索した際の上位18社の内、唯一1枚の大きな膜シートで、隙間なく天井を包み込む膜天井(2022年3月10日時点)。

集合住宅などの耐震化

集合住宅、マンション、
一軒家

リフォジュール
株式会社

リフォジュール株式会社_TOP

引用元:リフォジュール公式HP
(https://www.refojoule.co.jp/makutenjo/index.php#jirei:~:text=L%3D2.7M-,%E6%96%BD%E5%B7%A5%E4%BA%8B%E4%BE%8B,-%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3)

こんな膜天井

  • ハウスシック対策としても優れる
  • 軽さにこだわった特殊ストレッチシート使用
  • 湿気を吸収しないという特性も持ち合わせる

リフォジュールの
膜天井を公式HPで見る

※Googleで「膜天井」と検索した際の上位18社の内、唯一(一財)ベターリビングによる優良住宅部品認定を受けている膜天井(2022年3月10日時点)。
あなたの施設にぴったりの膜天井はこれ 耐震化か空間デザインか 詳細を見る