膜天井の専門メディア【膜天井ガイド】 » 特定天井の基礎知識 » 特定天井とは

特定天井とは

特定天井の概要

特定天井とは、脱落により重大な危害を生ずる恐れのある天井のこと。平成25年国土交通省告示771号「特定天井及び特定天井の構造耐力上安全な構造方法を定める件」に記載されており、以下の条件を満たすと特定天井とみなされます。

吊り天井である

特定天井は吊り天井であることが大前提。直天井は対象外となります。

天井の高さが6mを超えており、
水平投影面積が200m²を超えるもの

天井材が脱落した場合の危害を念頭に、一定の程度を超えるものが対象となります。

質量が2kg/m²を超える

吊りボルトなどの吊り材や斜め部材(ブレース)は除外。照明器具など自重を天井材が負担している場合はその質量を含みます。

人が日常的に利用する場所に
設置されている

ホール・廊下・エントランス・体育館などが想定されており、日常的に人が立ち入らない機械室などは該当しないことがあります。

特定天井の改修方法を見る

特定天井が定められた背景

2011年に発生した東日本大震災では、吊り天井の落下被害が数多く見られました。その数は、約2,000件以上にのぼります。(※)

1981年に導入された新耐震基準によって構造物の躯体の耐震化は進みましたが、天井を含む非構造部材の耐震化が遅れていたことが、東日本大震災によって露呈した形となったのです。

これを受けて、政府は吊り天井の脱落・落下対策について、詳細に定める法整備が必要であることを確認。2013年に調査結果に基づく対策をまとめたものとして技術基準告示「国土交通省平成25年告示第771号他」が交付され、2014年に施行されることになりました。

国土交通省平成25年告示第771号の「特定天井及び特定天井の構造耐力上安全な構造方法を定める件」では、「特定天井の構造方法」が明確化されており、これに該当すると判断された場合は、耐力上の安全確保が義務付けられています。

※参照元:日本耐震天井施工協同組合https://www.jacca.or.jp/aboutus/approach.html

膜天井/光膜天井の
おすすめメーカー一覧を見る

膜天井の施工を依頼できる
おすすめの2メーカー

膜天井には、広範囲な天井の施工に向いているものと、個人宅用のコンパクトなものの2種類があります。それぞれに特徴がありますので、導入を検討している施設に合わせて、適切な製品を選ぶことが大事です。

公共/商業施設の耐震化

学校、庁舎、体育館、展示場、
商業施設、屋内プール、倉庫、工場

株式会社マクライフ

株式会社マクライフ_TOP

引用元:マクライフ公式HP
(https://maklife.jp/)

こんな膜天井

  • ・特許技術により5日程で完了する短工期を実現
  • ・膜材強度も従来の膜天井の約2倍
  • ・一般天井の約40分の1の軽さ

マクライフの
膜天井を公式HPで見る

※Googleで「膜天井」と検索した際の上位18社の内、唯一1枚の大きな膜シートで、隙間なく天井を包み込む膜天井(2022年3月10日時点)。

集合住宅などの耐震化

集合住宅、マンション、
一軒家

リフォジュール
株式会社

リフォジュール株式会社_TOP

引用元:リフォジュール公式HP
(https://www.refojoule.co.jp/makutenjo/index.php#jirei:~:text=L%3D2.7M-,%E6%96%BD%E5%B7%A5%E4%BA%8B%E4%BE%8B,-%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3)

こんな膜天井

  • ハウスシック対策としても優れる
  • 軽さにこだわった特殊ストレッチシート使用
  • 湿気を吸収しないという特性も持ち合わせる

リフォジュールの
膜天井を公式HPで見る

※Googleで「膜天井」と検索した際の上位18社の内、唯一(一財)ベターリビングによる優良住宅部品認定を受けている膜天井(2022年3月10日時点)。
あなたの施設にぴったりの膜天井はこれ 耐震化か空間デザインか 詳細を見る